サポート

nginx

事前確認(新規でインストールする場合)
「/etc/nginx/nginx.conf」に「include /etc/nginx/conf.d/*.conf;」の記述がある事をご確認ください。
事前準備(新規でインストールする場合)
SSL用設定ファイル「ssl.conf」を「/etc/nginx/conf.d/」の中に作成します。
# touch /etc/nginx/conf.d/ssl.conf
SSL証明書・中間証明書を記載したファイル作成
# vi /etc/nginx/ssl/cert.pem
(ファイル名cert.pemはお客様環境に合わせてご指定ください)

SSL証明書の下に中間CA証明書をペーストして保存します。

例:
-----BEGIN CERTIFICATE-----
SSL証明書
-----END CERTIFICATE-----
-----BEGIN CERTIFICATE-----
中間証明書
-----END CERTIFICATE-----
テキストエディタでssl.confファイルを開きます。
# vi /etc/nginx/conf.d/ssl.conf

server {
	listen			443 ssl;
	server_name		お客様ホスト名;
	ssl_certificate		/etc/nginx/ssl/cert.pem;
	ssl_certificate_key	/etc/nginx/cert.key;
	ssl_session_cache shared:SSL:1m;
	ssl_session_timeout  5m;
	ssl_ciphers  HIGH:!aNULL:!MD5;
	ssl_prefer_server_ciphers   on;
    location / {
		root	ドキュメントルートパス;
		index  index.php index.html  index.htm;
	}
}

server_name お客様サイトのホスト名を記載します。
ssl_certificate 3番の作業で作成した「SSL証明書・中間証明書を記載したファイル」のパスを記載します。
ssl_certificate_key 秘密鍵のパスを記載します。

SSL証明書インストール以外に必要な設定がある場合は、お客様環境に合わせて設定の追加をお願いいたします
変更を保存し、テキストエディタを終了します。
nginxを再起動します。

/etc/rc.d/init.d/nginx restart

nginxの起動を確認後、ブラウザから動作をご確認ください。

ブラウザに"https://"で始まるウェブサーバのURLを入力します。

サイトに正常なアクセスが可能であれば、正しく動作しています。

(例)https://www.securestage.com

証明書ファイルも秘密キーファイルと同様、コピーして安全な場所に保管をお願いします。

こちらからチェックいただけます。