お申込み

サービス利用規約

第1章 目的
この規約は、有限会社TaKaエンタプライズ(以下「当社」という)の契約者(以下「ユーザー」という)が当社サービスを利用する場合の諸事項を定める。
第2章 本サービス規約の変更
ユーザーの承諾を得ることなく、本規約の変更・改訂ができるものとし、ユーザーはこれを承諾します。
第3章 本サービス規約の同意に伴い適用される上位契約
  1. 本サービス規約には、当社がSSL証明書(以下SSL)サービス提供を行うにあたり契約関係にある組織(以下「上位組織」 例 ジオトラスト社)との契約条項が含まれるものとします。上位組織との契約条項には、規約、規程、規則、方針、ガイドライン等および法令等が含まれます。上位組織との契約条項は当サービス規約に優先する効力を有することがあります。
  2. 今後、上位組織との契約が修正または更新された場合は、修正または更新後の上位組織との契約が当サービス規約に含まれるものとし、ユーザーの承諾を得ることなく、変更・改訂される場合があります。
第4章 損害・免責
  1. 当社は提供する情報、サービス内容、及びソフトウエア、ハードウエア等についての完全性、正確性、適用性、有用性等 いかなる保証をも行いません。
  2. 当社はサービスの利用により何らかの損害がユーザーに発生した場合、当社の故意または重大な過失に関わらず、 一切、賠償の責任を負いません。
  3. ユーザーが当サービスを利用することにより他人に対して損害を与えた場合、ユーザーは自己の責任により解決するものとし、当社は一切の責任を負いません。
第5章 システムの採用標準時間
当社のシステムは、日本標準時(JST)を採用する事とします。
第6章 システムの運用・管理
  1. 当社は、システム設備の保守・工事・障害・上位組織のシステム障害・上位組織のシステム保守・その他の理由で、ユーザーに事前連絡を行わず、システムの運用を停止する場合があります。
  2. システムの運用停止により、ユーザーに何らかの不利益が発生した場合、当社は一切の責任を負いません。
第7章 サービス・システムの適正利用等
第1条 サービス・システムの適正利用
ユーザーは当社サービス及びサービス提供に必要なプログラム・システム・設備(以下、「システム」)に対して、 いかなる事由があっても、常識を超える負荷を与える事を禁止します。
第2条 サービス・システム損害の賠償責任
前条に反し、ユーザーが当社サービス及びシステムに負荷を与え、 当社・上位組織・他ユーザーが何らかの損害を受けた場合、 ユーザーは、 当社基準による算出に基づく賠償責任を負う事とします。
第8章 ユーザー
第1条 ユーザー登録の承認
  1. ユーザー登録は、当社が指定する方法により、当社指定の登録情報を通知の上、当社指定の書類を提出後、当社審査を経て完了するものとします。
  2. 当社は、ユーザーの所在地・国籍等に制限を行う事はありません。
  3. 当社は、審査によりユーザー登録を正式に認めない場合があります。その場合の理由は公開する必要がないものとします。
第2条 ユーザー登録情報
  1. ユーザーは、正確・最新・真実の情報(以下、「個人情報」)を通知する義務があります。
  2. 当社は、正確・最新・真実の個人情報を通知頂くため、何らかの証明書を求める事が出来る事とします。ユーザーが当社指示に従わない場合、ユーザー登録の取り消しを行う事があります。
  3. ユーザーは、個人情報に変更があった場合には、速やかに当社に変更の届出をするものとします(管理画面での変更など)。
  4. 前項届出がなかったことで利用者が不利益を被ったとしても、当社は一切その責任を負いません。
第3条 ユーザー登録の取り消し
  1. ユーザーが自身のユーザー登録の取り消しを求める場合、当社が定める方法により届け出るものとします。
  2. 当社は、ユーザーから通知された個人情報が虚偽と判断される場合は、ユーザー登録の取り消しを行う事があります。
  3. ユーザーが、当社サービスを利用して法令、公序良俗、および本サービス規約のいずれかの条項に違反する行為を行った場合、当社は、ユーザー登録の取り消しを行う事があります。
  4. 一度、取り消しをされたユーザー登録を復活させる事は出来ない事とします。
  5. ユーザー登録内容の変更は、当社の判断でも行うことができる事とします。
第4条 ID及びパスワードの管理責任
  1. ユーザーは、当社サービスを使用するあたり、登録した名称あるいは番号(以下IDといいます)及びこれに対応するパスワードの使用及び管理について一切の責任を持つものとします。
  2. 当社は、ユーザー取り消しにより、ユーザーへのサービスを、強制的に停止を行う事が出来る事とします。それにより、ユーザーが受ける損害について当社は一切の責任を負いません。
  3. 当社はユーザーのID及びこれに対応するパスワードが他の第三者に使用されたことによって当該ユーザーが被る損害については 当該ユーザーの故意過失の有無に拘わらず一切の責任をも負いません。ユーザーは自己の設定したパスワードを失念した場合は直ちに当社に申し出るものとし、当社の指示に従うものとします。又、当該ID及びこれに対応するパスワードによりなされた利用は当該ユーザーによりなされたものとみなし、当該ユーザーは利用料その他の債務の一切を負担するものとします。
第5条 譲渡禁止
ユーザーは認められた場合を除きユーザーとして有する権利を無断で第三者に譲渡または使用させる事、売買、名義変更、質権の設定、その他の担保に供する等の行為はできないものとします。
第6条 当社の個人情報管理
当社は、登録者より通知された個人情報を、当社サイトに記載しているプライバシーポリシーに基づいて取り扱う事とします。
第9章 お支払い
第1条 変更、キャンセルについて
  1. SSL使用中のプラン変更は、原則再発行となり全額頂きます。
  2. SSL証明書を承認し、1週間以上経過した場合、キャンセルをしても全額頂きます。
第2条 通貨
当社サービス料金を受ける場合の通貨は、「日本円」とします。
第3条 入金方法
  1. ユーザーは、当社の指定する方法で、利用を予定しているサービス料金と同額以上の入金を行う必要があります。
  2. ユーザーが当社へ入金を行う方法は、銀行振り込み、ペイパル、オンラインクレジットカード決済など、当社がホームページ上にて指定するものに限るものとします。
第4条 支払いの期限と原則
  1. SSL購入後 1ヶ月以内にお支払いください。
  2. 入金が滞ったユーザーに関しては、新規申し込みの受付拒否、更新の停止を 行うことが出来ます。   それによるユーザーの損失は、弊社は負う義務は無いものとする。
第5条 キャンセルの返金方法
  1. 当社は、ユーザーがサービスを受けた後、ユーザーに返金する義務を持ちません。
  2. ユーザーからの返金申請に対して、正当な理由と当社が判断した場合は、前項の限りではありません。尚、当社はその判断理由を公開する必要がない事とします。
  3. オンラインクレジットカード決済で入金された場合、返金は、クレジットカード会社または、オンラインクレジットカード決済より返金手続きを行う事とします。
  4. 返金手続きには、当社の定める返金手数料が必要となります。
第10章 SSL証明書 管理の基本原則
第1条 秘密鍵の扱い
秘密鍵は、ユーザーが厳重に管理する義務があります。紛失や情報漏えいのよる問題は、ユーザーの責任となります。
第2条 SSLのサーバーへの設置、新規,更新含む
  1. サーバーへの設置は、原則ユーザー側で行うものとします。
  2. SSLを、ユーザーが契約中のサーバーに設置できるかどうかは、ユーザーが事前に調べ、設置可能と判断した上で申し込みを行うものとします。
  3. SSL設置によるサーバーの不具合などは、弊社に責任が無いものとします。
  4. ユーザーが利用中のサーバーのダウンなどによる問題が生じても、弊社にいかなる責任も無いものとします。
第3条 ユーザー登録情報
  1. 弊社サイトの内のユーザー登録情報は、常に最新のものに更新しておく。
  2. 登録情報に関して、正確・最新・真実な情報を提供する必要があります。
  3. 当社は、登録情報をユーザーの許可なく変更する権利を所持する事とします。
第4条 SSLの更新等
  1. 更新希望のユーザーは、更新を行う場合、当社の定める更新手続き期限以前に、当社が定める必要な更新手続きを行わなければならないものとします。
  2. 更新期限までに、所定の更新手続きが行われない場合、SSLの有効期限が自動で切れます。それによる損失は、 弊社はいっさい責任がございません。
  3. 支払いの滞納、弊社とのトラブルがあったユーザーに対して、弊社は、更新、新規登録の受付を断る権利を有します。
  4. 弊社更新メールを受け取る、登録メール変更や遺失、受信サーバーの不備により、未達が発生しないようにする義務があります。上記が原因による有効期限の失効は、弊社は一切責任を負いません。
  5. SSL有効期限失効後、当社が定める料金を支払うことにより、SSLを回復させることが出来る場合があります。
  6. プラン3、4は、更新に時間がかかります。 更新まで余裕が無い日の更新依頼は、失効の恐れがあることを了承してください。
第5条 SSL代理登録ユーザーの義務
  1. ユーザーが、ユーザーの顧客(以下「エンド・ユーザー」)に対して代行でSSLを購入・管理する場合、顧客との間に生じた責任をすべて負うもとし、弊社が責任を負う事はありません。
  2. エンド・ユーザーの情報は、ユーザーが責任を持って管理する。
  3. ユーザーは、エンド・ユーザーの支払いの義務を持つこととし エンド・ユーザーの未払いは、ユーザーに請求するものとする。またユーザー登録のSSLを、エンド・ユーザー名で支払う場合、振込未確認となり、管理上の問題が出ないようにする義務がある。
  4. 当社は、ユーザーと電子メール・電話等で連絡が取れない場合や、トラブルの時エンド・ユーザーに、直接連絡を行う場合があります。
第6条 SSLが起因する訴訟
ユーザーとサーバー管理会社の問題、ユーザーとエンド・ユーザーの問題、ドメイン管理問題等により紛争・訴訟が発生した場合、 当社及び上位組織を免責とし、当社及び上位組織を巻き込む事は出来ません。
第7条 サービスの申請拒否・管理権限剥奪
  1. 当社は、ユーザーが以下の項目に該当すると判断した場合、登録申請拒否、取消、停止、廃止、抹消、取消、移転、修正、 ユーザーが管理する権限剥奪する全ての権利を保持します。
    1. 本サービス規約・法令・上位契約に反する行為が認められた場合、または、反するおそれがある場合
    2. 当社に不利益が発生すると判断される場合
    3. 事実に反する登録情報に基づいて申請した場合
    4. 当社からの求めにより、登録情報が正確・最新・真実であることを証明できる書類を当社が指定した期限までにユーザー提出がしなかった場合
    5. サービスを利用するに必要な料金を不当な方法・行為によって回避した場合、または回避しようとした場合
    6. 紛争処理方針に抵触する恐れがある場合
    7. システムの管理上必要と判断された場合
    8. その他、当社の判断による場合
  2. 前項の処分は、事前通告無しで行う事が出来る事とします。
  3. 前項の処分によりユーザーに何らかの不利益が発生した場合、当社および上位組織は免責とさせて頂きます。
第8条 SSLサービス終了
  1. 当社は、以下に定める事由のいずれか1つでも生じた場合、サービスを終了出来る事とします。
    1. 当社がサービスの継続が困難と判断した場合
    2. 上位契約が終了した場合
    3. その他、当社の判断による場合
  2. サービスを終了する場合、支払済みの利用料金の返還は行いません。
第11章 連絡
当社からの連絡は、すべて当社のホームページ等で指定する方法によることに同意するものとします。
第12章 準拠法および裁判管轄
  1. 本サービス規約の準拠法は、日本法とします。
  2. 本サービス規約に関する全ての起訴については、日本の東京地方裁判所を第一審専属管轄裁判所とします。
第13章 本件約款の解釈
本サービス規約の解釈を巡って疑義が生じた場合、当社は合理的な範囲でその解釈を決定できるものとします。
【2010年01月01日制定】