サポート



中間証明書のインストールの際、MMCを立ち上げてから、インストールを行ってください。

MMCの立ち上げ方法

ステップ1

a) MMCを立ち上げてください。(サーバーの「スタート」をクリックしていただき、ファイル検索から「MMC」を入力してください。)
b) ファイルメニューから「スナップインの追加と削除」を選択してください。

ステップ2

a) 「追加」をクリックしてください。

ステップ3

a) 一番下の「証明書」を選択して「追加」ボタンをクリックしてください。

ステップ4

a) 「コンピュータアカウント」を選択してください。

ステップ5

a) 「ローカルコンピュータ」を選択し「完了」を押してください。

ステップ6

a) 表示されている以下の画面を閉じてください。

中間CA証明書インストール方法

ステップ1

a) 以下のURLにログインしていただき、左メニューの「新中間CA証明書(SHA-2)」をクリックしてください。
b) プランによって正しい中間CA証明書を選んでいただき、ファイルに保存してください。ファイル名の例:geotrustca.crt

https://www.securestage.com/jp/login/new_carootcert_sha2.php (新しいウィンドーが開きます。)

ステップ2

a) 「信頼されたルート証明機関」から「証明書」を選択してください。
b) 右クリックにて「すべてのタスク」から「インポート」を選択してください。

ステップ3

a) 「次へ」をクリックしてください。


b) 上記のファイルを以下の画面から選択していただき、 「次へ」をクリックしてください。

ステップ4

a) 「証明書をすべて次のストアに配置する」を選択してください。
b) 「信頼されたルート証明機関」が選ばれていることを確認してください。
c) 「次へ」をクリックしてください。

ステップ5

a) 証明書インポート完了を確認してください。 「完了」をクリックしてください。

注意点:

a) 以下のセキュリティ警告が表示した場合は「はい」をクリックしてください。
(警告が出ない場合もございます。2回表示する場合もございます。2回表示した場合は両方に「はい」をクリックしてください。)

ステップ6

「プラン1」と「プラン2」:SHA-2 (SHA-1ルート)の場合
発行先:GeoTrust DV SSL CA-G3

「プラン3」と「プラン4」:SHA-2 (SHA-1ルート)の場合
発行先:GeoTrust SSL CA-G3

「プラン5」と「プラン6」:SHA-2 (SHA-1ルート)の場合
発行先:RapidSSL SHA256 CA

「プラン7」:SHA-2 (SHA-1ルート)の場合
発行先:GeoTrust EV SSL CA-G4

以上、中間CA証明書のインストールは完了いたしました。