サポート

IBM HTTP

IBM 鍵管理(IKEYMAN)を起動します。
メニューの「鍵データベース・ファイル」より「新規」を選択します。
「鍵データベース・タイプ」から「CMS」を選択。
  • ファイル名の部分で、ファイルと場所(保管先)を指定し「OK」
「パスワード・プロンプト」によるパスワードの設定。
  • 「パスワード」を入力、「パスワードの確認」に同じパスワードを入力。
  • 「パスワードをファイルに隠蔽」にチェック。
「IBM 鍵管理」内の「鍵データベース・ファイルの内容」の変更。
  • 左のプルダウンで「個人認証要求」を選択。
  • 右で「新規」を選択。
「CSR情報」の入力。
  • 注意:すべて半角英数字で入力します。
各欄 入力内容
鍵ラベル フォルダの名前です。 発行年を入れると管理しやすくなります。
鍵サイズ 2048bit
署名アルゴリズム SHA2(SHA1を選択されても、発行されるSSL証明書は、SHA2となります。)
共通名 ドメイン名です。 「www」「サブドメイン」「*.」の有無も厳格です。
組織 会社名。CO.,LTD、LLC等の記載は必要となっております。
組織単位 部署名。無くても問題ありません。
局所性 区や市となります。町名、番地は不要です。 例 Shinjuku-ku
都道府県 都道府県となります。例 Tokyo
国または地域 国または地域 JP を選択致します。
Eメール 無くても問題ありません。
IPアドレス 無くても問題ありません。
DNS名 無くても問題ありません。
入力後、保管するファイル名が3で設定したファイル名と同一であるか確認し「OK」を押します。
「CSR」のテキスト化と送信。
  • 「新規承認要求がファイル内に正常に作製されました」を確認し「OK」
  • 保存先から、「certreq.arm」名のCSRファイルをさがします。
  • PCのプログラム一覧から、テキストエディタを開きます。
  • テキストフォルダへのスライドや、ファイルをコピーして拡張子の変更などで「CSR」がテキスト化されます。
CSRの確認
  • テキストで「文字列」のように表示されたものが「CSR」となります。
  • ※CSRの情報は以下の様に[ -----BEGIN NEW CERTIFICATE REQUEST----- ]から始まり、
    [ -----END NEW CERTIFICATE REQUEST----- ]までを指し、 先頭の[ -----("-" 5個) ]の部分〜後尾の「 -----("-"5個 ) ]の部分までを必ず含める必要があります。

    [ -----BEGIN NEW CERTIFICATE REQUEST----- ]の文字列はご利用のサーバーOSにより以下のように若干異なる場合があります。

※パターン1

-----BEGIN NEW CERTIFICATE REQUEST-----
・・・暗号化情報・・・
-----END NEW CERTIFICATE REQUEST-----

※パターン2

-----BIGIN CERTIFICATE REQUEST-----
・・・暗号化情報・・・
-----END CERTIFICATE REQUEST-----

CSR 確認画面にて作成頂いたCSRの内容をご確認頂けます。

CSRの送信
  • [よくあるCSR作成エラー]をご参照の上で、作成されたCSRに問題がない場合には、CSR情報を所定のオンラインフォームから、弊社に送信します。